大紀元時報

古代中国の五帝の時代

2021年7月27日 14時17分
パブリックドメイン
パブリックドメイン

三皇の後、黄帝、顓頊、嚳、堯、の五皇が天下を掌握しました。黄帝は部族の乱を平定し、推されて天子となりました。

皇帝が都市を建設し、その中心部に皇帝が住むことから中国と呼ばれるようになりました。

天子の住む場所は、四海の中で最も重要な場所となります。 「史記‧軒轅本紀」によれば、黄帝は周禄山の麓に都を置き、「築城邑,造五城」という。 中央には天子が居住し、最も高貴な集落であり、「都」と呼ばれ、他の集落は「城邑」と呼ばれていました。

都市は所有者の身分によって格付けされていたので、黄帝の時代にはすでに市や町が存在していただけでなく、その規模も格付けされていたことがわかりました。

黄帝の修煉と治国
 

伝説によると、黄帝は崆峒山の道士・広成子から修行を受けましたが、ある日、自分の魂が体から出てきて華胥国を旅しました。 彼は、華胥の国には王がおらず、人々は素朴で、趣味や欲がなく、生を喜び、死を悲しみと思わず、生も死もないことを見ました。 愛も憎しみもなく、相性の区別もなく、誰も支持せず、誰も反対しないので、利害の対立もなく、争いもなく、殺しもありません。彼らは火の中で熱くならず、水に沈むこともありません。 まるで地上にいるかのように空を飛び、ベッドで寝ているかのように雲の中で安らかに夢を見ます。 帰ってきた黄帝は、国を治めるためには無為でしなければならない、人々の心が善良であれば世の中は平和になることを悟りました。したがって、無為な道をたどり、垂拱(何事もしない)して天下治まり、人々は倫理を守ります。華胥國と同じように、国は平和であり、人々は平和になりました。

伝説によると、黄帝が100年間統治した後、紀元前2598年に山の麓に鼎を立てて錬丹術を施し、丹が塾煉したところ、天が開けられ、大臣と一緒に龍を乗って飛んで行きました。 黄帝が残した修煉の思想とプロセスは、その後何千年にもわたって中国の精神文明に大きな影響を与えてきました。 静かな無為状態から円満上昇へと、返本帰真は、炎帝と黃帝の子孫が目指す最高の境地となりました。 修煉の精神は、中国文化の精髄にもなっています。

は大道を行い、人々を集まり、都になる
 

黄帝の後に続く4人の皇帝は、いずれも黄帝の子孫であり、彼らの多くは黄帝の「無為で国を統治する」という原則を守り、人々を教育するために徳と善を実践したのです。 五帝の最後の一人であるは、親孝行で知恵者として名高く、人々は彼の徳を慕い、彼に従うことを望みました。 「史記‧五帝本紀」によると、が住んでいた場所では、1年で集落、2年で都市、3年で首都ができるとされていました。

都市の誕生は、交通の要衝に位置していたり、軍都であったり、経済の中心地であったりと様々な要因がありますが、古代においては、人柄の良さだけで人々が自発的に集まってくるという、他にはない奇跡がありました。

は50年の治世の後、夏王朝の創始者とされる禹の位を継承しました。 夏の時代以降、中国は信使の時代に入り、町や都市の発展も新たな段階に入りました。 家屋、集落、市場を作ったことで、人類は文明の初期段階に入り、祖先は「天円地方」の概念、「中庸」という考え方、道徳規範を取り入れ、人々は自ら実行し、修煉で帰り道を示すようになりました。 文明の基礎を築いてきた年月は遠く、長いものです。

(翻訳 里見)

関連キーワード
^