トップLIFE 自然・科学

自然・科学

研究 動物(かわいい&感動) 自然 宇宙 ハイテク スピリチュアル
y.uemura / PIXTA
世間では合格書を、天では徳を

弘治帝である孝宗皇帝の14年目、山西省和順県に農民がいました。 穀物税を支払った後、彼は総務官に行き、検問所を通過するための書類を受け取りました。

2021/07/31
Carbondale / PIXTA
サツマイモの葉「実は優良野菜。知ってた?」

サツマイモの葉と茎は、実は栄養価の高い「優良野菜」です。台湾では、この部分も普通に販売されており、家庭で利用されるだけでなく、レストランのメニューにもあります。...

2021/07/29
kouji / PIXTA
瀕死の女性が一瞬にして見た宇宙の歴史と神様

シンシア(Cynthia)と名乗る女性は、酷いぜんそくの発作で呼吸ができず意識を失ったといいます。 彼女は「死を覚えた」間、宇宙が非線形的に目の前に現れるのを見...

2021/07/29
bilanol / PIXTA(ピクスタ)
世界最大のiPhone生産拠点、鄭州の洪水に注目

鄭州にはフォックスコンや日産などの有名外資系企業の工場があり、特にフォックスコン鄭州工場は世界最大のiPhone生産拠点となっています。 鄭州での洪水発生後、フォ...

2021/07/28
(nilanka / PIXTA)
世界で最も危険とされる鳥類 オーストラリアヒクイドリ

オーストラリアのヒクイドリといえば、世界で最も危険な鳥とされており、その名を知っている人が名を耳にすれば背筋がゾッとするでしょう。 ヒクイドリが恐ろしい理由として...

2021/07/26
ktsimage / PIXTA(ピクスタ)
NASAは宇宙に存在する知的生命体の探索を積極的に行っている

アメリカ航空宇宙局(NASA)のビル・ネルソン長官は7月6日のインタビューで、地球以外の宇宙のどこかに知的生命体が存在する可能性があり、NASAはこれらの生命体の...

2021/07/24
死してなお、我が子を見つめる人骨。それはまさに「慈母の顔」だった。台中安和遺跡で発見された人骨が、約5000年前のものであることがわかった。(台湾国立自然科学博物館提供)
死してなお「慈母の顔」台湾5000年前の人骨

死してなお、我が子を優しく見つめる人骨。それはまさに「慈母の顔」だった。 台中安和遺跡で発見された人骨が、最新の研究の結果、約5000年前のものであることがわか...

2021/07/22
sato / PIXTA(ピクスタ)
月球レジェンド

NASAの公式ファイルによると、月は非常に特異な「天体」だそうです。

2021/07/22
(altanaka / PIXTA)
人類は恐竜と共に生存したことがあるのか?(二)
恐竜時代の人間の指の化石

前回は28億年前の石炭から金の鎖が発見されたことと、3億年前の石炭から鉄の鍋が発見されたことをお話ししました。今回は、恐竜時代の人間の指の化石についてお話ししたい...

2021/07/13
11歳のベルギーの「神童」ローランくんは、1年間で大学学士号を取得しただけでなく、同時に物理学の学士号をも取得しました。 (イメージ写真 ufabizphoto / PIXTA)
11歳で大学卒業、ベルギーの神童 次に修士資格を狙う

ベルギーの11歳の「神童」であるローラン・シモンズ(Laurent Simons)は、1年間で大学学士号を取得しただけでなく、同時に物理学の学士号をも取得しました...

2021/07/13
イメージ写真 (やんちんぐ / PIXTA)
日本の土砂災害で、救助犬の懸命な姿に多くの人々が感動

先日、静岡県熱海市で大規模な土砂崩れが発生し、少なくとも7人が死亡したことが判明しており、関係部隊は捜索救助に全力で取り組んでいます。 なかでも、自衛隊の救助犬5...

2021/07/11
巨大なダイヤモンド原石(Photo by MONIRUL BHUIYAN/AFP via Getty Images)
<写真>ボツワナでまた巨大なダイヤモンド原石採掘 1174カラット 過去3番目の大きさ

カナダの採掘企業ルカラ・ダイヤモンドは7日、アフリカ南部ボツワナで、1174カラットのダイヤモンド原石を採掘したと発表した。世界で3番目の大きさだ。

2021/07/08
イメージ写真(altanaka / PIXTA)
人類は恐竜と共に生存したことがあるのか?(四)
6億年前の人類の化石

2017年、南極で恐竜が生息していた証拠を探していた古生物学者のグループが、ホイットモア山脈の堆積岩の中に人間の化石と思われるものを2つ発見しました。中には人間の...

2021/07/08
KaroMori / PIXTA(ピクスタ)
気分を変えて雨を見に行く

人生は味気ない時があり、限りないうららかな春の日を経験した後は、気分を変えて風に耳を傾け、雨を見る。

2021/07/08
2015年に国防総省が提供した、「GIMBAL」とラベル付きのビデオの画像で、雲に沿って高く舞い上がり、風に逆らって移動する不明の物体(C)が追跡されている。(AP経由の国防総省)
米軍パイロット、UFOと11回の「ニアミス」を経験=DNIレポート

米国政府が6月25日に発表した初の報告書によると、2004年以降、空軍パイロットはUFOとして知られる未確認航空現象(UAP)に複数回遭遇したことがあり、しかも、...

2021/07/07
オニヒトデ。参考写真(Steve L. Martin, Attribution 2.0 Generic, CC BY 2.0)
台湾・太平島でオニヒトデ大量発生 サンゴ9割死亡

台湾中央研究院生物多様性研究センターの鄭明修(てい めいしゅう)研究員が4月に太平島の海域を調査したところ、水深2m以下の海底礁のサンゴの90%が死んでいることが...

2021/07/07
(okimo / PIXTA)
人類は恐竜と共に生存したことがあるのか?(一)
化石に残された人類生存の跡 28億年前の金属球

南アフリカのヨハネスブルグから西のある町で、鉱石を採掘する坑夫たちが、約28億年前の地層から数百個の金属球を発見しました。鉄球の周囲には溝が刻み込まれています。...

2021/07/05
klss / PIXTA
【未解決ミステリー】先史時代の壁画(三)
フランス・ラマルシェ洞窟のリトグラフ 進化論に挑戦

皆さんはご存知でしょうか。1万年前にはすでに警察官が存在し、ライフル銃を持っていました。

2021/07/04
(pixelchaos / PIXTA()
人類は恐竜と共に生存したことがあるのか?(三)
神秘的な「カブレラ・ストーン」

今回は自然に残された化石ではなく、人が描いたものについてご紹介します。

2021/07/03
水に映るホワイトハウス。参考写真(GettyImages)
UFO映像を公開した元米諜報員、名誉毀損の被害を訴える

米軍のインテリジェンス作戦に長年従事したルイス・エリゾンド(Lue Elizondo)氏は、退職後にUFO(未確認飛行物体)に関する情報を公にした。米メディアに出...

2021/07/03
米国防総省の本庁舎「ペンタゴン」(Photo by STAFF/AFP via Getty Images)
<映像>米潜水艦レーダーに移るUFO群、国防省報道官が「調査中」と回答

6月25日に発表された、米政府情報組織を統括する国家情報長官室(ODNI)からの報告は、未確認飛行物体(UFO)の存在の断定は避けた。しかし、国防総省の報道官は2...

2021/07/01
自称ジェニーという女性は、3歳のとき海で溺れ、臨死体験をした。(写真はイメージです)
米国の3歳女児「臨死体験で確かに見たもの」

米国の女性、自称ジェニー(Janine S)は、3歳のときに海で溺れ、医師から死亡を宣告された。 しかし彼女は、死なずに生き返ったばかりか、その臨死体験のなかで...

2021/06/30
(Shutterstock)
ポーズを披露するのが得意な世界最小、体重500gの鶏

マレーシア原産の鶏「セラマ」は、世界最小の鶏として知られており、通常体重は500g程度しかありません。 興味深いことに、この小さな鶏は「筋肉」を見せつけるポーズを...

2021/06/29
(写真はイメージです)Fast&Slow / PIXTA
天才2歳児
天才IQ146を持つ2歳の少女 最年少記録でメンサ会員に

米国に住むわずか2歳の女児カシェ・クエストちゃんが高IQ団体「メンサ」の米国人最年少会員になりました。カチェちゃんはアメリカの50州すべてを形と位置から特定したり...

2021/06/28
そら / PIXTA
映画『ライオン・キング』の名言 選ばれし王の成長

本当に素晴らしい作品は人々を感動させるパワーを持っています。年齢層を問わず人々に愛されてきたこの『ライオン・キング』は、面白さとドキドキだけでなく、我々に人生の意...

2021/06/28
ばりろく / PIXTA
臨死体験からの研究「人は死ぬ時、何を見るのか?」

米レイモンド社は、150件もの「臨死を体験した例」を研究し、数十年間の研究成果を集めて『死の思い出』という本を出版し、死の真相を解明しようとしている。この本は19...

2021/06/28
ジャック・ヴェルスルート, CC BY 2.0 <https://creativecommons.org/licenses/by/2.0>, via Wikimedia Commons
【未解決ミステリー】先史時代の壁画(二)
先史時代のルーブル美術館 フランス・ラスコーの洞窟壁画

これまで一世紀余りの間に、世界各地で大量に発見された多くの彫刻や洞窟壁画などは、その工芸の面および芸術の面から見ると、かなりレベルが高いです。これは、先史時代の人...

2021/06/26
Salauyova / PIXTA
進化論は間違っている カンブリア紀の地層で発見された三葉虫の化石に人間の足跡

地球の歴史の中で、最も古いとされているのが古生代です。中でも最も最初の時期はカンブリア紀とされ、今から約5億4千万年前とされています。現在発見された大昔に絶滅した...

2021/06/25
パブリックドメイン:User:MatthiasKabel - 投稿者自身による作品, CC 表示 2.5, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=3513129による
【未解決ミステリー】先史時代の壁画(一)
誰が描いたのか?ピカソも驚愕したアルタミラ洞窟の芸術的壁画

「ネイチャー・ヒューマン・ビヘイビア(Nature Human Behaviour)」誌で発表された研究論文によると、豪州の西豪州大学(UWA)とメルボルン大学(...

2021/06/24
javarman / PIXTA
【未解決ミステリー】失われた発明(二)
マヤ人の知恵 色褪せない永遠の青 マヤブルー

大自然の中で、永遠に続く色は何でしょうか。それはどこまでも広がる青です。しかし、古代の絵の具は、逆に青の絵の具は非常に色褪せしやすいものでした。 ルネサンス期のヨ...

2021/06/23
^