トップLIFE 驚きの研究

驚きの研究

metamorworks / PIXTA
スイス人科学者が円周率の世界記録を更新

スイスの研究者たちは、円周率を小数点以下62兆8000億桁まで計算し、この数学定数の世界新記録を達成した。

2021/08/25
eanstudio / PIXTA
双子の指紋は全く同じなのか?

一卵性双生児は外見だけでなく、体型や動作、声も似ており、まるで自分のコピーのようです。 同じ服を着て、同じような格好をしていた場合、誰が誰だかわからなくなってし...

2021/08/24
(Tara-san / PIXTA)
ペルーの天空の城マチュピチュ

ペルーのアンデス山脈にあるマチュピチュは、インカ帝国の遺跡である。この古代都市は海抜2,430メートルの尾根の上に位置し、周囲を山に囲まれている。地勢が険しくウル...

2021/08/22
kotoru / PIXTA(ピクスタ)
農科学もうひとつの道 完全自然農法
7. 肌がきれいになる農作業~善玉菌が全身を浄化する

土いじりをすると手が荒れる──。家庭菜園を楽しむ人にしろ、プロの農業者にしろ、なぜか土に直接触れると手が荒れる。そして、そのことは当たり前のこととして一般に受け止...

2021/08/21
工場長 / PIXTA(ピクスタ)
農科学もうひとつの道 完全自然農法
6. Halu農法~完全自然農法への道

自然農法の研究は、八方ふさがりからのスタートだった。肥料も農薬も使わないという自然農法の理想に魅せられて、いざ実践を始めてみたものの、浅はかな自分の性格を恨む日々...

2021/08/18
papa88 / PIXTA(ピクスタ)
農科学もうひとつの道 完全自然農法
5. 植物と微生物の共生関係~すべての生き物が微生物と共生している

いま、自然農法は進化している。もしこれから、園芸を始めようと思ったり、自給自足を実現しようと思ったりしたなら、自然農法について一度は学んでおくことをお勧めしたい。...

2021/08/17
Graphs / PIXTA(ピクスタ)
農科学もうひとつの道 完全自然農法
4. 自然農法の歴史と現在~量子物理学が農科学を進化させる

自然農法という言葉は、日本発祥とはいえ、まだ100年ほどの歴史しかない。また、明確な定義もない。日本では、古くから人糞肥料を使う習慣があり、さらに明治時代になって...

2021/08/15
comzeal / PIXTA(ピクスタ)
農科学もうひとつの道 完全自然農法
3. がんの原因は肥料と農薬~石油由来の毒に注目せよ

原因不明で、かつ治療法もない病気を「難病」という。日本では年々増加し、令和元年7月の時点で国の指定難病が333個におよぶ。また、がんの罹患率は、いま日本人の2人に...

2021/08/13
(Photo credit should read CHRISTOPHE SIMON/AFP via Getty Images)
自然農法と自給自足 いまそこにある危機と個人が選ぶ解決策 

コロナパンデミックが起こり、すでに一年が経過してしまった。テレビや新聞といった従来のマスメディアや、Facebook、YouTube、Twitter といった S...

2021/03/16
(Don Davis/NASA)
恐竜絶滅の原因に新説 6600万年前の地球に何が起こったのか?

研究者達は、恐竜が絶滅した日に何が起こったかが分かる新たな証拠が見つかったと明らかにしました。 オースティンにあるテキサス大学地球物理学研究所(UTIG)の新し...

2020/07/19
中絶を反対する抗議者
妊娠中絶は母体に長期間の悪影響

最近発表された研究報告によると、中絶を経験した女性は、長期間にわたり心理的なダメージを受けるという。

2020/06/20
カメールさんの写真(左)及びスメドリさんの功能と技術よって処理して得られた肉眼でも見られるオーラつきの写真(右)(Courtesy of Jenny Smedley)
人体のオーラは運命を示す 功能によって解読可能

イギリスに住むジェニー・スメドリさんは昔から自分には他人の運命を予測する能力(功能)を持っていることを知っている。

2020/05/23
Photo by Johannes Plenio on Unsplash
進化論 三大証拠の破滅

難しい専門用語を避け、進化論を巨視的に考え、興味の持てる論理分析からでも、進化論の証明を否定することができる。

2020/05/23
Photo by JAFAR AHMED on Unsplash
医療において信仰と倫理が持つ役割

米国の研究チームがこのほど、信仰、道徳と医療倫理等の問題について種々の項目を立て、職業医師に対して一連のアンケートを行った。

2020/05/08
(YOSHIKAZU TSUNO/AFP/Getty Images)
親の努力、子供の成績に多大な影響=英研究

子供の成績を上げるためには、学校側からの努力よりも親の努力の方が重要な役割を果たすと、英リーズ大学(Leeds University )とレスター大学(Leice...

2020/05/06
Photo by Rémy Penet on Unsplash
西洋医学で見直されている催眠術

古い歴史を持つ催眠術は、かつて一部の人に偽科学と指摘された。しかし近年、ストレス、痛み、アレルギー疾患などに対して、催眠術は治療効果があると一部の西洋医学でも認め...

2020/05/06
Photo by Sarah Cervantes on Unsplash
男性必見!円満な結婚生活を送る秘訣8項目

米国ブラウン大学教授、精神病学専門家のスコット・ホルツマン氏は、長期にわたり結婚についての研究に従事してきた。

2020/05/05
GettyImages
視力向上に有益なモーツァルトのピアノ曲 

250年前に不世出の天才、モーツァルトが作曲した不朽の名作の数々は、人々に精神的な楽しみをもたらすだけでなく、研究者によると大脳の働きを向上させるという。ブラジル...

2020/05/04
Photo by Bart LaRue on Unsplash
女性は直感で運命の人を選ぶ?

結婚は女性にとって、人生最大のイベント。適齢期の女性は、結婚相手を選ぶ時、男性の条件を見るよりも、顔を見るだけの「女の直感」を信じて運命の人を探し出すという。 ...

2020/05/04
Pixabay
複数言語を話す人は認知症になりにくい

カナダの科学者の研究によると、2種類以上の言語を話せる人は、認知症の発症年齢が遅いことがわかった。 この研究は、トロントにあるヨーク大学の研究者によって行なわれた...

2020/04/29
Pixabay
「快楽中枢」の恐ろしさ

豊かな経済は快適な生活を我々にもたらす。しかし、物質的な豊かさは、人間の欲望を満足させると同時に、常に脳内の「快楽中枢」を刺激して、さまざまな悪い習慣を身につけて...

2020/04/29
Pixabay
完璧な男がモテるとは限らない

頭がよくて金持ちの男性が、女性に必ずしもモテるとは限らない?英国の最新調査によると、アンケートを受けた女性が、「ハンサムで社会的に成功した男性は、完璧すぎて容易に...

2020/04/28
Pixabay
毎日の化粧で年間2キロの化学物質を体内に吸収

生物化学研究家の警告によると、女性が毎日化粧をすることで、1年間に約2キログラムの化学物質を体内に吸収していることになるという。

2020/04/27
減量プログラムに参加する子どもたち=2007年7月、江蘇省南京で(Photo by China Photos/Getty Images)
医学研究:肥満症は「伝染」する?

【大紀元日本7月29日】「朱に交われば赤くなる」と言われたように、肥満症も「伝染」するらしい。『ニューイングランド医学雑誌』最新号に掲載された研究報告は、もし身辺...

2020/04/27
Pixabay
母乳で育った子は出世しやすい?!

英国の医学雑誌『Archives of Disease in Childhood』に掲載された報告によると、乳幼児の時に母乳を与えられた子供は、粉ミルクで育てられ...

2020/04/27
Pixabay
大麻が肺に与えるダメージは煙草より大きい

大麻と精神病の関連性の研究で、以外にも大麻が肺部に造り出す損傷は煙草よりも深刻なものであることがわかった。

2020/04/26
Pixabay
心からの微笑

私は以前、「心からの微笑」という文章を読んだことがある。それは、生まれつき笑うことのできない女の子の話で、「三つ口」であったために、唇が醜く、心理的プレッシャーか...

2020/04/26
Pixabay
児童の過食は、知能の発達に有害

過食により大脳血流量が減少 一度にたくさん食べたり、あるいは食べるのを延々と止めなかったりすると、体内の血液が胃腸に集中するので、大脳の血流が減少してしまう。

2020/04/26
Pixabay
「目標は人に言わない」 ゴールまでの一歩と錯覚 

人は目標を打ち立てたら、つい周囲の友人や肉親に話したくなる。立派な目標を公言すると、周りの人はあなたを褒めて、いい気分になってしまい、それだけでゴールに一歩前進し...

2020/04/25
Pixabay
高脂肪食、体内時計のリズムを乱す恐れ

高脂肪食は体内時計のリズムを乱し、これによって、新陳代謝のバランスが妨害され、生活習慣病を起こす一因になる恐れがあるという。

2020/04/25
^