大紀元時報

東京五輪スケートボード、西矢椛が最年少13歳で金 中山楓奈が銅

2021年7月26日 16時27分
東京2020オリンピックの女子ストリート決勝のメダルセレモニー(Photo by Patrick Smith/Getty Images)
東京2020オリンピックの女子ストリート決勝のメダルセレモニー(Photo by Patrick Smith/Getty Images)

東京五輪第5日の26日、東京・有明アーバンスポーツパークで行われたスケートボード女子ストリートで、西矢椛(もみじ、13歳)が15・26点で金メダルを獲得した。同氏は1992年のバルセロナ大会で金メダルを獲得した岩崎恭子さん(14歳0か月)の記録を更新し、日本史上最年少の金メダルとなった。

さらに、同種目では中山楓奈(16歳)が銅メダルを獲得した。スケートボードは東京大会で新競技として初めて採用された。25日に行われた男子ストリートでも、世界ランキング2位の堀米雄斗が金メダルを獲得した。

東京オリンピックの新競技、スケートボードの女子ストリートで、13歳の西矢椛選手が金メダルを獲得した。(Photo by Patrick Smith/Getty Images)
競技中の西矢椛選手 (Photo by Ezra Shaw/Getty Images)

(大紀元日本語編集部)

関連キーワード
^