大紀元時報

【写真】やがて火星に建つ慰霊碑に… NASA、探査機にツインタワーの一部使用

2021年9月14日 21時44分
ケネディスペースセンター・ビジターセンターのロケットガーデンには、アメリカの9.11国旗が掲げられている。(NASA/Kim Shiflett)
ケネディスペースセンター・ビジターセンターのロケットガーデンには、アメリカの9.11国旗が掲げられている。(NASA/Kim Shiflett)

20年前の9月11日、米国史上最大のテロ事件が発生し、短い時間に約3000人が命を落とした。同日、米国航空宇宙局(NASA)は当時のニューヨーク・マンハッタンの衛星写真や、その年に打ち上げられたスペースシャトル「エンデバー」の活動など、事件にまつわる複数枚の写真を公開した。

ハイジャックされた飛行機2機がニューヨークの世界貿易センタービルに衝突した後、マンハッタン地区の煙が上がった。その様子が宇宙から確認できる。煙はニューヨーク市とニュージャージー州まで到達した。(NASA

「2001年9月11日に起きた同時多発テロは、多くの人の命を奪い、米国の文化に大きな変化をもたらした国難だ。毎年事件を振り返る。決して忘れない」。NASAは事件20周年に合わせて、コメントを発表した。

NASAは事件発生の直後、連邦緊急事態管理庁(FEMA)と協力して、被災地の上空に飛行センサーを設置し、空気中の汚染物質を探すなどして事件をめぐる情報を提供した。

ニューヨークで痛ましいテロ事件が発生した当時、国際宇宙ステーション(ISS)に搭乗していた米国人宇宙飛行士フランク・カルバートソン氏は、空から見た事件のことを語った。「当時は何が起こっているのかわからなかった。マンハッタンを大きな煙が覆っている...悪いことが起きているとは思った」。

2001年9月11日、カルバートソン氏は地球からの朝の通信で「フランク、地球は全く良くない日を迎えたよ」との言葉を受け取ったという。

国際宇宙ステーションがニューヨークの上空を通過したとき、カルバートソン氏はツインタワーから噴き出す黒煙と炎を撮影した。

 

NASAは同年冬に打ち上げられたスペースシャトル・エンデバーのフライトに、小さな国旗約6000枚を宇宙の旅に連れ出した。9月11日の犠牲者を追悼するためのものだ。この国旗は、2002年夏に事件の被害者の親族に贈られた。

 2001年12月、スペースシャトル、エンデバーと国際宇宙ステーション(ISS)で行われたミッションSTS-108のマーク・ケリー宇宙飛行士(左)とダン・タニ宇宙飛行士。米国国旗を宇宙に運んだ。旗はその後、9.11犠牲者の親族に贈呈された。(NASA/JPL-Caltech/Cornell University/Arizona State University)

NASAは、犠牲者への想いとともに、宇宙事業を展開している。実は、破壊された世界貿易センタービルの一部が、火星探査機のマーズ・エクスプロレーション・ローバー(MER-A)とオポチュニティ(MER-B)の岩石破砕ツールのケーブルシールドに使用されていることは、あまり知られていない。その再利用部品には、米国旗が印刷されている。

「いつの日か2つのローバーとも機能しなくなるだろう。火星は気温が低い(訳註・平均マイナス64度)。9月11日同時多発テロの犠牲者を悼む慰霊碑として、何百万年も良い状態を保つことができるかもしれない」と NASAは書いている。

2001年9月11日に世界貿易センターが破壊された直後、現場から回収された金属の一部が探査機に使用されている。2011年9月11日撮影。(NASA/JPL-Caltech/Cornell University/Arizona State University)

(大紀元日本語編集部)

関連キーワード
^